男性用の香水にも、様々な香りのものがありますが、その比較をする際に、使い方の基本を抑えておくとより効果的に選ぶことができます。
まず、つける場所ですが、一般的に温かい血液が運ばれる体の部位、例えば耳の後ろなど、につけると良いといわれます。
これは温まることによって香りが引き出されやすくなるためです。
また、香りにはつけたばかりのときのトップノートと呼ばれる強い香りからはじまり、ミドルノート、消える前のラストノートまで、香りが変化するということも知っておきたい情報です。
それにより、つけるタイミングを考えることができます。
また、肌に合わないものの場合には、ハンカチや衣類につけることもできますし、体温を直接感じる肌着・下着につけるという使い方もあります。

比較する利点

男性用の香水を比較して選ぶ際には、いくつかの点で工夫をすると得ることができるメリットがあります。
まず、自分の好みだけで選ぶのは危険だということです。
香りは周囲の人にアピールするものでもあるので、他人の意見、とくに女性の意見を聞いてみることは大切です。
インターネットなどでもそれぞれの商品についての様々な人からの感想を見つけることができるので、参考にすると良いかもしれません。
また、自分で香りを試す際には、体調の良い日にすることが必要です。
嗅覚は体調によって大きく変化するからです。
また、比較的午前中のほうが嗅覚がさえているので香りを試すのに向いているといわれます。
また、前述のように香りは時間によって変化するので、できれば時間に余裕を持ってどのように香りが変化するのかも確かめることができると良いでしょう。

現在の取組

最近のトレンドとしては、かつてのように男性用と女性用の香りはまったく違う系統のもののほうが多く利用されていたのに対し、ユニセックスでも使うことができるシンプルな香りのものの人気が高まっているということがあげられます。
さわやかで万人受けして、どのようなシチュエーションでも使うことができる、という使いやすさがあるからだといわれます。
また、日本では欧米に比べるとまだまだ香水の利用者が少ないといわれますが、それでも利用者は確実に増加しつつあり、そのなかにはシチュエーションに分けて香りをしっかりと使い分ける人たちもでてきている、ということがあります。
仕事中はさわやかなほのかに漂うような香りを使い、夜にはワイルドで少し強めの香りを使う、というように、使い分けを念頭に選択することも、香りを使う楽しみの一つだということができます。

オススメリンク

増えた香水

香水は大昔はその使用目的が人間の生活に密着した物でありお洒落と実用の両方であったと言えますが、現代においては間…Read more

類似品に注意

輸入品などはサイトによって価格が異なることもあるので注意が必要です。業者によって仕入れ値が違っているので、そう…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー